中国市場戦略研究所

China Market Research & Consulting Co.,Ltd.

中国市場戦略研究所は、中国市場に関心があり、中国展開を検討している企業様や、中国調査を通じて、効果的な中国広告、中国マーケティング等を実施したいとお考えの企業様が、あれこれと相談できる、中国コンサルティングのパートナーです。
ホ一ム > セミナー

【弊社自主セミナー】海南島にバイヤーが押し寄せ、インバウンド需要が奪われますか?

  

 
10月7日(水)新規Zoomセミナー開催のお知らせ
「海南島にバイヤーが押し寄せ、インバウンド需要が奪われますか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コロナの影響はここまで続くとは、誰も予想しなかったことです。
日本には大きな経済効果をもたらしたインバウンドも、
いつに回復するかも目途が立たないままです。

こんな折に、中国は「国内循環」を打ち出しています。
果たしてどんな「国内循環」になるのでしょうか?
まだ実態をつかめないような感も否めないですが、

当面では、まずこれまでの中国人の海外での巨額な消費を
中国国内へと還流させることを狙っている、と言われます。

そんな中、中国最南端の海南島が、注目を浴びています。
海南島は、中国の最南端の島。
面積は、台湾とほぼ同じです。

中国政府は、海南島の全域を自由貿易港にすることを発表したわけです。
今年の夏は、ここ海南島では大きな熱気に包まれています。
中国人のバイヤーが、この島に大勢に押し寄せてきたのです。

日本ではコロナでまだリモートワークを余儀なくされているなか
海南島では、なぜこんな熱気に包まれているのでしょうか?
海南島のショッピングの現場では、どんなことが起きているのでしょうか?
もう日本に来て買い物する必要はなくなるのでしょうか?

9月初旬に、弊社は今年上半期の中国市場を総括するZoomセミナーを開催し、
100人近くの方がZoomからご参加をいただき、
皆様の中国市場への関心の高さを感じました。

次回、10月7日(水曜日)午後3時に、
弊社が「海南島自由貿易港の今」を中心に、
この夏に海南島の免税店に押し寄せたバイヤーのショッピングなど、
現場リポートのような内容を皆様にお届けできればと思います。

海南島の活用法や、香港の在り方、コロナ後のインバウンドの展開など
日本企業の新たな戦略のために、新しい示唆をご提示できればと思います。

弊社メール(info@cm-rc.com)に「10月7日午後3時の海南島セミナー参加したい」と
参加のお申込み賜れば、弊社からすぐZoomのリンクをお送りします。
10月7日当日の15時前になると、リンクをクリックすればすぐに参加できます。
ぜひ奮ってお申込み賜ればと思います。
 

【曰付】 2020.10.7(水)

【演題】 海南島にバイヤーが押し寄せ、インバウンド需要が奪われますか?

【時間】 15:00~16:30

 


株式会社中国市場戦略研究所
上海伝沐商務諮詢有限公司
上海伝慕商貿有限公司
上海伝目広告有限公司
東京本社
Tel:03-5651-8106(8107)
Fax:03-5651-8107
E-mail:info@cm-rc.com
〒103‐0005
東京都中央区日本橋久松町11番6号日本橋TSビル3階
上海現地会社
Tel:86-21-6082-5523(代表) 
Fax:86-21-6082-5524
E-mail:info@cm-rc.com
〒200062
上海市中山北路3553号伸大厦24階(受付)
© 2020 CHINA MARKET RESEARCH & CONSULTING CO.,LTD ALLRIGHTS RESERVED.